ミコノス島旅行記猫島




22/02/05

12:22の新幹線こだまにて実家の豊橋から出発。
沼島・高見島・佐柳島のロケハンに出発。

名古屋でのぞみに乗り換えて新神戸で下車。
JR西日本の高速バスにて兵庫県淡路島の洲本市に向かう。

14:30発のバスは高速に乗って、16:15に洲本バスセンターに到着。
このBCから淡路島の各地へ高速や路線バスが発着している。

ホテルはBCの斜め向かいに建つ淡路プリンスホテル
素泊まり一泊5400円。煙草臭い和室の部屋に泊まるのは久し振り。
BCに近い宿はここしか空きがなかったから仕方ない。

夕食はBC隣にある土産物店併設の観光客向けレストラン、淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)

この手の店はボッタクリが多いと思うのだが、食べログを見た限りでは評判がいい。
昔の工場(鐘紡洲本工場)の赤レンガ造りを改装した建物で雰囲気も良い。

サラダバーが付いている淡路島牛丼セット2214円を注文。
マアマア美味しい。高級牛丼、と言った所か。先日は近江牛を食べたばかりだが
やはり価格は張るが国産のブランド牛は美味だ。

帰りにスーパーに寄って明日の朝食を購入、22時には就寝。


22/02/05

5時前に起床。シャワー浴びておにぎり弁当で朝食。

6時にチェックアウト、BTのコインロッカーに荷物を預けて
ローソンで今日の昼食を購入。

6:21発の洲本市のコミュニティーバスで淡路島南端の来川へ。
15分の待ち合わせで今度は南あわじ市が運行するコミュニティーバスに乗り換えて、
沼島行きの船が発着する土生港へ。港から10分、丁度8時に沼島へと到着した。

     
     

web情報によると沼島は関西からの釣り客のメッカらしい。
外洋に面しているので魚の種類が豊富らしい。
それで釣り客のおこぼれを貰うのら猫が多いとのこと。

しかし島を歩き回るが猫は飼い猫らしき二匹を見かけただけで全く遭遇しない。
港のメインストリート前、猫がひょっこり歩いていてもおかしくない場所で
昼食を食べつつ、一時間以上粘ってみるが一匹も見かけなかった。
こりゃあ無駄足だったようだ。

帰りは11:20の船に乗船。

本来なら次の目的地は四国の丸亀なのでこのまま西の方向へ移動して
徳島から高松を経由して行くのが地図上だと最短なのだが
淡路島-徳島間はとても交通の便が悪い。web上で何度もシュミレートしたのだが
結局また洲本に戻って神戸から岡山を経由して丸亀に行くのが一番早い結論となった。

帰りは途中の来川での接続が悪く約50分の待ち合わせ。
来川のバス停はな~んにも無い。まったくな~んにも無い。

この場所が南あわじ市と洲本市の境界地帯。
それぞれのコミュニティバスの接続がとても悪い。
隣同士の自治体なのだから少しは利便性を考えろよと言いたい。

再び14:30発の高速バスで新神戸へ戻って岡山から南風12号で
17:43に香川県の丸亀に到着。

泊まるホテルは丸亀プラザホテル
素泊まり禁煙シングル4,650円だったがシングルが満室らしく
ツインに変更してくれた。ありがたい。

     
     
     
     


ホントは丸亀城も見たいのだがその余裕はなく
夕食はうどん居酒屋の飯田屋へ。居酒屋だがうどんも美味しいらしい。
ぶりの刺身が美味だった。うどんは頼まず。

明朝は多度津から高見島・佐柳島を目指す。


15/09/05

朝6:20に予約したタクシーで多度津港へ。

電車でも当然多度津駅まで行けるが出航時間まで15分しかない。ギリギリ。
その前の電車だと一時間以上待つことになるのでタクシーにした。


6:55発のフェリーでまずは高見島に上陸。
この日は土曜日なので乗客が多かった。

しかし高見島は残念、猫は合計4匹のみ遭遇。
民宿に住み着いている二匹は人懐っこい良い猫だったが少なすぎる。

2時間後の9:30発の第二便のフェリーで次の佐柳島の本浦港へ。

降りた乗客は猫目当てのカップルとかが居た。
さっそくフェリーの待合室に猫発見。前の広場にもそこかしこに猫達が居る。

これはイケそうだ。

徒歩20分離れた島のもう一つの長崎港へ。
ここにも多数の猫達が居た。

特筆すべきはみんな警戒心がなく向こうから寄ってくる事。
島の人達に大事にされている証拠だ。

     
     


長い階段上の堤防付近には7,8匹の猫達が。
この島はいい。是非撮影をしよう。

     
     

再び本浦港の方へ戻ることにする。

途中で昼食を食べた後、未だ行っていない南側の集落へ。
すると雑貨店の前に多数の猫達が。

後で聞いたところによると、このお店が最初に猫を飼いだしたそうだ。
次第に増えていった猫達を、島民が一匹、また一匹と貰い受けて、やがて全島に広まったそうだ。

     
     

14:50の船で真鍋島経由で笠岡に戻った。
週二一回、土曜日のみ、佐柳から四国側でなく中国側に抜けられる便がある。

約2年振りの真鍋島は猫がたくさん増えていた。
また新たに堤防が作られていて、昔の石段の堤防は失われていた・・・。

     
     



15/09/08

本日は広島から日帰りのロケハン。
向かうは山口県の屋代島(周防大島)の先に浮かぶ情島。

広島から岩国で乗り換えて大畠で下車。
バスに乗り換えてやく一時間、周防大島の東端、伊保港へ到着。
一時間の待ち合わせで情島行きの渡船に乗り込んで約4時間半後にやっと到着した。

来るだけで疲れてしまった。

     
     
     
     
     

情島はこじんまりとした小さな島だった。

猫は多いが警戒心強く、一匹も触らせてもらえなかった。
渡船の船長が猫たちの面倒を見ていたが、仔猫などは眼が潰れていたり
震えて動かない、死期迫るような痛々しい仔猫も居た。
これはちょっと難しいな・・・。

14:30の船で島を後にした。
そこからまたバスと電車を乗り継いで19時前に広島に到着、腰の痛みが増していた・・・。

     
     
     





Copyright (C) 2015, zeicompany. All rights reserved.