ミコノス島旅行記猫島




15/10/02

昨日は山口県の平郡島へ日帰りロケハン。

平郡島は山口県では屋代島に次いで二番目に大きな島で人口約350人。集落が東と西に分かれている。約15km離れているので移動は車がないと無理。なので今回はまず平郡東へ。この東では早朝、漁から戻って来た船から小魚をもらう猫動画がYouTubeにupされているので期待大。

さっそくフェリー乗り場に数匹の猫達が居た。今までの島と比べるとかなり広い。裏道に入ってみると路上で大量の猫達が寝そべっていた。猫たち、警戒心は強く近寄ると逃げる。

反対方向へと歩き出すとおばさんに挨拶。いろいろ話を聞く。
「・・・昔は猫だらけでホント猫多かった」「毎日うちの畑に来る猫との攻防戦で疲れた」(猫のフン害に困っていたようだ)
「島でも猫の悪さが問題になり保健所に始末を頼もうとしたら、今は動物愛護の何とかやらで駄目だと言われた」
「しばらく島を留守にすることがあって、戻って来たら猫がほとんど居なくなっていた」「多分誰かがご馳走を上げたと思う」「それから猫との攻防戦もなくなりほっと一安心」
ハッキリとは聞けなかったが「ご馳走」とは毒入りのご馳走だろうと思った・・・。

元の猫溜まりに戻って写真をとっていると自転車に乗ったおっさんが話しかけてきた。
「アンタ、その写真インターネットに流さないでくれよ。猫島じゃー言われて困っとるだ。島民はみんな猫に迷惑しとるけぇ」と笑いながら去っていった。

・・・この島を撮るのは、どうしたものか。
漁船から小魚が投げられて奪い合いになる猫たちの絵は是非撮影したいのだが・・・。
どの島にも猫を迷惑がっている島民は居るはずだが、猫好きの観光客が訪れる事によって少しは島の活性化に繋がるのではと、半分仕方ないと考えている人達もいるはずだ。

この平郡島はタコ漁が盛んで、また美味しいサツマイモが取れるらしくカルビーとのコラボ商品も発売されたりしている。
島への移住者も多く小学校もつい最近開校したようだ。ある意味、猫に頼らずとも島を盛り上げる手立てはあるのかもしれない。

もう一つの集落、平郡西も猫が多いようなので、後日そこへも行ってから撮影するかどうか決めようと思う。






Copyright (C) 2017, zeicompany. All rights reserved.