ミコノス島旅行記猫島




22/02/05

本日、急遽愛媛の青島ロケに出発。

本当は水曜出発の予定だったが、今朝の最新の予報と朝5時の見上げた空模様、
そしてホテルにも空きがあるのを確認できたので急遽向かう事に。

午前10時に自宅を出発、今回は広島・宇品港よりフェリーで松山に渡る。
昨日まで広島は雨だったので本日は抜けの良い天気になるだろうとの思惑。
しかし11:20発のフェリーに乗り込んだが、天気は良いが抜けはイマイチだった。

フェリー代金は8,900円。高速使った場合はETC割引使って6,500円くらいなので2,500円の差。
ガソリン代と運転疲れを回避できるのだからそんなモンか。。。

14時に松山観光港に到着、伊予長浜へと向かって明日乗るフェリー連絡船の駐車場を確認。
その後今夜泊まる大洲市のホテルに約20分後にチェックイン。

部屋に入って荷物を整理し始めたのだが・・・アレ、マンション自室の鍵が無い・・・、落としたのか?
その後、トンデモナイ事に気付いた。
何と部屋の鍵を、広島マンションの機械式駐車場のボックスに挿したまま、忘れて出発していた。

鍵を刺し、ゲートを上げて、車を出し、今度はゲートを下げて・・・、
本来ならそこで鍵を抜くのだが、そのまま車に荷物を入れて鍵を挿したまま出発してしまっていた。

駐車場の鍵の単独ならそんなに慌てないが、オートロックを解除する鍵と、部屋ドアの鍵も一緒なのだ。
冷静に室内を思い起こす。現金は一万円くらい置いてある。通帳もあるが印鑑は実印も会社印も手元に持っている。
もし鍵を見つけて部屋に入られても、重たいデスクトップやテレビは盗まれることはないだろう、実害は一万程度・・・。

そしてマンション管理会社に電話して事情を説明。その結果、最短で17時半くらいにはマンションに駆けつけることが可能だとの事。
他の住民が預かっている可能性もあるし、また後で連絡をくれるとの事。

夕食はwebで見つけた居酒屋へ。天気も良く散歩がてら向かう。
久しぶりの遮蔽物のない西日の中を歩き、ザ・田舎の写真も撮った。

約40分後に到着。平日の月曜だというのに次々に客が押し寄せる。
どうも小学校の同窓会が開かれるよう。18時過ぎには満席になったらしく来店した客を断っている。

冷奴と太刀魚塩焼き、ハムのらっきょう巻を注文。それぞれ美味しい。
何故か冷奴の上の薬味、生姜ではなく山葵が乗っていた。

途中電話が鳴った。もちろんマンションの管理会社から。
何と鍵が、挿さったままの状態で見つかったとのこと。
さすが平和の国、ニッポン!8時間近く挿ささったままの状態で、誰も盗む人間がいなかった!
担当者に深くお礼を言って電話を切った。良かったよかった。

気分も晴れ晴れ、もっと飲みたかったが厨房は忙しく動き回っていて、注文もままならない、
さらにカウンター常連客の煙で咳き込み出したので去る。お代は良心的2,050円だった。

来た道を戻る。虫が行き交い何匹も頬にぶつかる。カエルの鳴き声が図々しい。
同じ場所でまた写真を撮った。

明日は暑くなりそうだ。




22/02/05
6:30過ぎにホテルを出発。
7-11で昼食用弁当を買って伊予長浜の青島行き連絡船の発着場へ。

8:00出発の30分前に到着したがすでに5名ほど並んでいた。
青島は大変な人気でGWの時は満席で乗れない客が多数出たようだ。

約30分後に青島に到着。しかし去年9月に訪れた時と比べると猫の数が減ったような。
去年は埠頭到着とともにあふれるほどの猫たちが寄ってきたのだが今回は数匹のみ。
それでも島内には一杯猫がいる。餌が行き渡ってるからなのだろうと納得。

漁船を係留する石段で猫がデカイ魚にかぶり付いているのを発見。撮影を開始。
次々と他の猫たちが寄ってきて、お互いを威嚇しながら黒鯛を貪り食っている。
唸りながら喰らいつく猫を見ていると、やはり肉食のライオンとかチーターと猫は同類だと納得できる。
癒やしの猫も野獣の猫も、猫の本質だろうと思う。

早目の昼食を待合室で食べる。青島は一日二便のみなので次の戻り便は16:05。
一緒に上陸した猫目当ての客たちも、少々時間を持て余し気味のよう。

一気に陽に焼けた肌の痛みを感じながら帰路につく。
夕食は地元愛媛の回転寿司チェーンへ。オール100円ではなく130,160,190の色分けした皿の設定。
宇和島産いさき・タコ・鯵を注文。鯵以外は・・・・くら寿司と同レベルか。〆て1,900円チョイ。

明日は再び青島へ。

今日の撮れ高で十分なのだが明日は天候が曇り。最初から予備日として設定していた。
その後は再び快晴が続くので、いつも残念な天候に見舞われていた今治・三原へと向かう。



22/02/05
7:00前にホテルを出発、7-11で昼食用パスタを買って青島へ。

本日の天候は曇りの曇天。風が肌寒い。上陸したのはフランス人観光客三人を含む計7名。
今日は元々予備日扱いなのでカット単位で面白いカットが撮れれば上出来。

天候がスカッと晴れないせいか猫共もあまり活発ではない。...
そんな中、座っていると膝の上に乗ってくる猫がいる。どんだけ馴れてるんだよっ!
その後、使えそうな喧嘩カットとか寛ぎカットなど2,3カット確保。

15時過ぎに第二便が到着。
この便に乗って上陸すると青島の滞在時間は1時間15分ほどしかないのだが、20名近くの観光客が訪れている。

16:15の最終便で伊予長浜へと帰港して車で大洲へ。
夕食はホテル近くの居酒屋風レストランへ。
が、何と店前に行くと張り紙が。6/1は臨時休業するとの事。何でゃー!

再びホテル方向へ戻り、どこへ行こうかと思案、王将とかガストとかあるのだが、ここ二日間、
毎朝と昼は7-11の弁当だったので油物はいらない。結局回転寿司のはま寿司に行くことにする。
2日連続の回転だがマアいいだろ。

昨日の寿司屋と比べると全国チェーン店だからか地元産のネタが少ない感じ。
鹿児島産あじとか北海道産あわび等を注文。マアマア。生中と麦焼酎二杯飲んで〆て2,000円チョイ。

エッ!? 安過ぎ。会計、間違ってないか? 口に出さずに店を出る。

ホテルに戻ってレシートチェックすると明らかに会計間違い。
高い190円皿の注文が安い100円皿として計上されてるカンジー。

精算担当したバイトの姉ちゃん、時給から7~800円、減給されるのかもしれない・・・。
挫けずお仕事続けてね。。。



22/02/05
本日は大洲のホテルを9:30に出発。

松山自動車道を経由して11:00前には今治に到着。

昼食は今治ラーメンで有名な光屋へ。食べログで絶賛の餃子も注文。
が、・・・魚介出汁のスープは美味しいのだが麺がイマイチ。

薄味スープなので麺に味が乗らず淡白すぎる。卵麺なら良かったのに・・・。
餃子も・・・同じ焼きたてなら王将のほうが美味しい。
丸亀の塩ラーメンと比べると70点くらいか。期待したのに残念だった。

その後何度もトライしてきた糸崎公園へ。マアマアのカットが撮れた。

そしてしまなみ海道を通って開山展望台へ。こちらは今ひとつ。
桜の名所だが、今は桜が青葉になっているのでロング狙いだと風景としては映えない。

その後ホテルにチェックインしてしばし休憩。
18時過ぎに老亀山展望台へ夕景狙い。

雲一つない夕景を撮影出来た。
ただ水平線に沈むのではなく山の上だった。贅沢言ったらキリがない。

20時前に今治の鳥料理発祥の店、世渡へ。

甘辛いタレのついた鶏皮は、前回に行った鳥林と比べても美味しい。
しかしザンキは鳥林の方に軍配が上がる感じ。〆て3,280円。

明日は三原経由で広島へ戻る。



22/02/05
いつも通り5時前には起床。

朝食はホテルで和定食。
9時過ぎに今治を出発、天候は・・・晴れだが少しモヤっている。

10時半には三原の筆影山展望台に到着。・・残念やはり抜け切れていない。
もう3,4回目のトライなのだがいつもモヤが出ていて、とても瀬戸内の多島美カットにはならない。

昼食は三原駅前の評判の良いお好み焼き屋へ行こうと思っていのだが、
ホテルの和朝食が盛り沢山の内容だったのであまりお腹が減っていない。
なのでワンパターンのおかめうどんへ変更、蛸天ざるうどん980円を。
もちろん三原産の蛸で軟らかいのだがなかなか噛み切れなく苦労した。

その後山陽道を通って13時過ぎには広島へ到着。

次回は8月のお盆前後に各島を再び訪れる。
その時にまた三原の瀬戸内海大ロングに再トライしよう。







Copyright (C) 2017, zeicompany. All rights reserved.